犬用の優秀な寄生虫駆除薬ならキウォフプラスがオススメです

ペットのお腹に棲み着く寄生虫について知っておこう

寄生虫

“寄生虫”という存在自体は知っていても、具体的にどのようなものがいるのかを知らない方が多いのではないかと思います。

たとえば、カマキリのお腹の中に棲み着くことで知られるハリガネムシは寄生虫の中でも比較的有名なのではないかと思いますが、このほかにもさまざまな種類の寄生虫がいます。

中には犬や猫、さらには人間の体内に寄生する種類もいるため、ペットを飼っている方は注意が必要です

そこで、ペットを飼っている方が特に注意すべき寄生虫について、いくつかピックアップしてまとめてみました。

寄生虫の特徴と種類

ここでは、代表的な寄生虫である「回虫」「鉤虫」「鞭虫」「瓜実条虫」について、それぞれ簡単に紹介したいと思います。

内部寄生虫は見落としやすい

内部寄生虫について解説する医者

そもそも寄生虫は、宿主の体内に棲み着く「内部寄生虫」、宿主の体表面上に棲み着く「外部寄生虫」の2種類に分けることができます。

一般に“寄生虫”というと、体の中に入り込んで悪さをする前者をイメージする方が多いのではないかと思いますが、この内部寄生虫は感染に気づきにくい点が非常に厄介です。

内部寄生虫は体内に侵入してしまうため肉眼で確認できず、またサイズが小さいために侵入する瞬間を捉えることも不可能でしょう。

そのため、何かしらの異常が現れてから気づくケースがほとんどであり、早期発見が困難です。

だからこそ、内部寄生虫について理解を深め、万が一の場合にも迅速に対処できるようにしておく必要があります

寄生虫の種類は豊富

ではさっそく、上で挙げた内部寄生虫について、それぞれの特徴を見てみましょう。

回虫

回虫のイラスト

回虫は、「線虫」とよばれる種族の一種であり、主に哺乳類の小腸に棲み着く寄生虫です。文字通り線状の形態をしています。

私たち人間にとっても身近な寄生虫であり、現に世界で何億人もの人が感染しているといわれています。

回虫の卵が付着した食べ物を口にする、卵が付着した指で口に触れる、といったことで感染することがほとんどです

放置していると、体内の器官を傷つけられたり、体内で毒素を分泌されたりしてさまざまな健康被害を及ぼす可能性があります。

鉤虫

鉤虫のイラスト

こちらも、「線虫」に分類される寄生虫です。

主に小腸に寄生しますが、世界で初めて発見された際に偶然十二指腸に棲み着いていたことから、「十二指腸虫」とも呼ばれることもあります。

回虫と同じように、主に食べ物などを経由する経口感染するケースがほとんどであり、消化器症状や貧血を引き起こす原因になります

鞭虫

鞭虫のイラスト

亜熱帯地域をはじめ、世界的に多く生息している線虫の一種です。鞭虫の卵が付着した食べ物を口にしてしまうことで感染するケースがほとんどです。

鞭虫は宿主の体内で成長し、やがては盲腸粘膜に棲み着きます。

その結果、主な症状として、下痢や食欲不振といった胃腸症状をもたらします

瓜実条虫

瓜実条虫のイラスト

「条虫(サナダムシ)」の一種であり、鎖状の形態をしているのが特徴的な寄生虫です。

ノミやシラミを媒介して、犬や猫に感染するケースがほとんど。

瓜実条虫を宿しているノミやシラミが口に入ってしまうと人間に感染することもありますが、犬や猫から直接感染することはありません。

感染したとしても基本は無症状とされていますが、寄生する瓜実条虫の数が多い場合に下痢や体重の減少、痙攣といった症状が現れることがあります

キウォフプラスを購入する

寄生虫の見つけ方

では、上記の寄生虫を発見するためには、どうすればいいのでしょうか。

以下、各寄生虫の見つけ方をまとめてみました。

回虫

回虫の卵は、宿主の糞便と一緒に排出されます。

そのため、極論を言えば糞便に卵が付着しているかどうかで判断することができます。

とはいえ、卵は肉眼で確認できないほど小さいので、医療機関で虫卵検査を受ける必要があります。

鉤虫

回虫と同じく、宿主の糞便に卵が付着しているかどうかで判断できますが、肉眼で確認することは不可能です。

医療機関で虫卵検査を受けましょう

鞭虫

鞭虫についても、回虫や鉤虫と同じように、虫卵検査を受けることで寄生の有無を知ることができます。

瓜実条虫

瓜状の片節(切り離された体の一部)が、宿主の糞便と一緒に排出されます。

こちらは肉眼で確認できるサイズなので、糞便に付着しているかどうかをチェックすることで寄生の有無を確認することができます。

白もしくは薄赤色をしたゴマのようなものがあって動いていた(伸縮していた)場合、それが瓜実条虫の片節です。

寄生虫は定期駆除が最も効果的

定期駆除をすすめる医者

ペットの体内に棲み着く寄生虫は、専用の駆除薬を投与することで駆除できます

しかし、すでに寄生虫の卵が糞便と一緒に排泄され、トイレに付着していた場合は、その卵が再びペットの口に入ってしまう可能性があります。

寄生虫によっては、飼い主さんやその家族に感染することも考えられます。

キウォフプラスをはじめとする寄生虫の駆除薬は、多くが1回飲ませると長期間にわたって効果が持続します。投薬は定期的に続けるようにしましょう。

キウォフプラスを購入する

TOPへ